home


act46 白ネームにたかるハエ
はい、白ネームばりばりのあすかっです

とりあえず初期の装備よりはまずまず強いものをつけて
いるので、さくさくとレベル上げ。

それでも雑魚モンスをたたきますよ。
慎重に慎重に。

で、久しぶりに忌まわしいSKT※参照1参照2で狩りをしていますといろんな人が寄ってくる。
SKTはナイトの初心者が多い町です。
ゆえに初心者にからむ人が多いのでしょうか。


衝撃のスクープ!
目の前でPK
なんか異常に早いナイトが走ってきたなと思ったら
いきなりエルフさんを切りつけた
そして落とした鎧を奪いテレポで逃げた

このエルフさん、すこーし赤ぎみのネームだったので
赤狙いのPKだったんですね

いや〜殺伐としてます。

私「だいじょうぶ?」
エルフ「ん、だいじょうぶ、でもとられた」
私「装備?」
エルフ「骨鎧」
私「ひどいね」
エルフ「ひどいTT」
私「がんばってね」
エルフ「あいTT」
骨鎧ぐらい自分で買えよ
たいした鎧じゃねーだろ
泥棒だよ?ゲーム上とはいえ、恥ずかしくないのかね

あーあー
やっぱSKTは治安が悪いわ
さっさと切り上げなきゃ
と思ってたら
私も変な奴にからまれた

ゴブリンをちまちま狩っていたら
エルフ「(^^)」
と近づいてくるエルフが。
私「は?」
「どこかでお会いしました?」(なわけないけどさ、さっき作ったキャラだし)
でもね、そのエルフさん、
反応がひたすら「(^^)」なのよ
きみわるいったらありゃしない
しまいに花火を打ち上げるわ
こいつ何?

そうこうしているうちに話かけてきた
エルフ「レベルは?」
私「7ですよ」
エルフ「おなじだ」
私「ファーストキャラですか?」
エルフ「?」
?じゃねーよ、日本語通じませんの?^_^;
エルフ「武器は?」
私「ハンターボウですけど」

もうこの場から離れたい
私「矢切れしたので町に戻りますね、じゃ」
エルフ「あ、まって」
私「?」
たたっと近づいてきたエルフ
イキナリ戦闘音楽が流れて
ピンクネームになり
私を切りつけた
ぐしゃ
ぎゃーーーーーーーーーーーーー!!

慌てて帰還スクで町に逃げた

びっくした〜も〜心臓ぱくぱく
すぐさまwisでメッセージが来た
エルフ「ごめんなさい、操作間違えました」
私「どういうつもり?」
エルフ「シルバー矢を渡そうと思って間違ってctrl押してしまった」
私「PKじゃないですか」
エルフ「ごめんなさいTT」
シルバー矢を渡そうなんて発想はファーストキャラレベル7では
ありえません。
嘘くせえ
私「ちょっと町まできてくれる?」

町までそいつを呼びつけて
説教しまくり
PKか間違いなのか真実は定かではありませんが
あたまきたことには間違いなので
いいだけ悪態をついてSKTを去りました。

SKTはもう狩りするのやだな〜と思い
話せる島の狩場へ移動
DEXエルフは結構攻撃力強くて
オークファイターもウェアウルフも結構狩れる
おし
しばらくここで狩ろう


まーた変な奴にからまれた

モンスをたたいていると自分が打った矢以外飛んでくる
は?なによ、シーフするんか?
無視して狩りを続ける私。

またしばらくすると男エルフが近づいて
私の攻撃中に矢をはなつ
ちょっとーなによ

エルフ「^^」
私「?」
エルフ「一緒に狩りしませんか?」
げーーーー
嫌だよ
なんであんたと狩りしなきゃならないのさ
私は忙しいんだよっ
私「これから別な狩場に移動するのでごめんなさい」
エルフ「そっか〜」
私「では^^」
テレポでびゅん

早々に逃げました
気味悪いやつばっか^_^;

2002年09月23日月曜日



back topnext