見えないテーブルの罠

HTMLではDTPのようにレイアウトを自由にすることができません。
それでもWEB上でよりよいデザインをするためにテーブルを代用するのが
一般的になっています。
具体的に言いますと、テーブルの枠を非表示にし、その中に文章や画像を
入れます。
私なんかは、ほとんど文章もテーブルに入れる有様。
便利なテーブルタグですが、調子にのって使い方を間違えると
読み込みが遅い重いページになってしまいます。

※わかりやすいように枠表示にしています。
日記1
日記2
日記3

テーブルタグは文章や画像ファイルより先に読み込みが始まりますので、
上のようなテーブルだと先にテーブルを読み込んで、それから文章となります。

日記1
日記2
日記3

このようにテーブルをばらしてあげると、全部のテーブルを読み込んでから表示という
現象が起きませんので、上の日記1がすぐ表示されます。
読んでいるうちに下のテーブルが順順に読み込まれます。
テーブルの横サイズを指定してやるとすっきり揃いますので、見た目違和感がありません。

ちょっとしたことなんですが、これで表示速度は劇的に変わります。
ま、ファイルサイズ的には多少増えてしまっても、体感的には早く表示されること間違いなしです。
お試しあれ。
こんなん常識と知っていた方には申し訳ない。


コラムTOP BACK NEXT