観覧する側の努力

アクセス向上の支援サイトに必ず載る項目に「ブラウザの指定をするべからず」というものがよくあります。私もそうだよな〜ブラウザを指定しちゃ不親切だよな〜・・・・と思ってました。だからどのブラウザでも見られるように努力してまいりました。
しかし、最近これって作成する側だけ100%努力するものだろうかと疑問に思うようになった。
あまりにもサービス業過ぎないか。
勿論企業サイトではこれはやってもらわないといけない。
ただ、個人サイトでここまで気を使う必要があるのだろうか。
お互い個人なんだし、お互い歩みよってもいいんじゃない?
今時、バージョン3あたりのブラウザを使用しつづけることってそれほど深い意図はなさそうだし、
観覧する側もブラウザのバージョンアップの努力は必要だと思うのです。
だた注意点はOSの違いはどうしようもない、気をつけるならOSの違いだと私は感じた。
バージョンが高いものしか対応していないのは割と派手な技術系の小技だったりするので、
表示されなくても良かったりするのが大半だと思われます。
ブラウザのバージョンで観覧できない場合は、それなりに観覧者も努力すべき!
と私は言いたい。
以上

コラムTOP BACK NEXT