デザインと中身

私は毎日ネットサーフィンしています。その量はちょっと人には負けないと自負しております。
そして、その成果としてプライベートサイトにオススメサイトを紹介しています。
しばらくこのコンテンツを続けているうちに、見えてきたことがあります。
私が選ぶ基準は2種類。
デザインがずば抜けて良いサイト。内容がずば抜けて良いサイト。たまにおふさけもありますが(^_^;
デザインが優れているサイトはまず内容がありません。
逆にデザインが悪くて品がない物は内容が濃かったりします。
なんででしょうね。
デザインが優れているというサイトはちょっと補足があります。
デザインが絵画のように美しいサイトの意味です。
けっしてレイアウトが凝っているとか、技がいっぱいあるとか、ナビゲーションがわかりやすいとかでは選んでいませんね。
デザインはあくまでも内容を上手に伝達するための技術に過ぎません。
道具に過ぎません。
また、絵画のようなというサイトの意味ですが、FLASHやイラストやCGなど、そのもの自体を観賞する、そういうことです。
デザインの技術を磨くだけに専念しているということは、包丁をひたすらといでいるだけですね。
包丁は使って初めて包丁なのです。
包丁とぎはほどほどにして、美味しい料理を作りはじめないとね。

コラムTOP BACK NEXT