年齢とネタは正比例、表現は別物

歳を重ねると自然にネタは溜まってきます。
若い人がネタが無いのは当然で20歳と40歳では20年分の人生のギャップがある。
特別波乱万丈でもないかぎり、平凡な人の人生ネタはそれほど差は無いと思う。
しかし、だからといって年齢が高いとネタが豊富で面白いかといえばそうではない。
それを表現できるか掘り起こせるか思い出せるかが鍵でしょうか。
年齢の高い人のサイトはそういう意味では宝の持ち腐れになってるのが多いでしょうね。
もったいない、もったいない。
若い人は元々経験不足のリスクがあります、それでも頭が柔軟なのでネタを表現するのが
上手なのかな。
私的には若い人の苦労してひねり出したネタより、人生経験が豊富な工夫していないサイトを
見てしまう傾向があります。
その方が楽だから。

でね、気付いたことがあるの。
ホームページを運営するようになって、生活を楽しめるようになった。
ネタが無いということは、生活に変化が無いってことだけど、
それにネタの為に何かをするっていうわけでもないけど、
何かがあった時にネタにするでしょ。
それを自分で再度確認して楽しんでる。
ホームページは人生再確認作業なんだっ
そう感じるね、最近。

コラムTOP BACK NEXT