やっぱり苦しいWEB作り

以前、WEB作成は楽しければ見る人も楽しいとコラムに書きましたが、
最近これは違うのではないかと思うようになりました。
はっきり言って、苦しい、辛い、ストレスたまる、虚しくなる。
この連続です。
楽しいのは苦労して作ったものが何かの形で評価された時。
あとはひたすら苦しみの日々。
アクセス増えない、ネタが切れた、更新作業の時間が無い、
デザインが納得できない・・・・・・・・・・
良いものは楽しては生まれせん。
苦しんで苦しんで、失敗して失敗して、それでも前に進む。
振り向いてもらえない男を振り向かせる執念に似てる。
そうです、意地です。意地だけが支えなのです。
なんてカワイソウナ人なのと同情されてもかまわないです。
自分の力がどれだけ極められるか挑戦しているのです。
だから失敗も怖くありません、新しい技術もとりあえず飛び付きます。
駄目ならさっさと諦めます。
もし自分のサイトがアクセス増えないとおなげきでしたら、
それはズバリ苦しみ方が足りないのでしょう。
私は今でも苦しみ続けています。
もし苦しんでまでやりたくないなら閉鎖しましょう。
私は閉鎖したくないが為にあえて苦しみを選びます。

なんか今回のコラムは怖いぞ(笑)

コラムTOP BACK NEXT