会員制のポスペサイトの限界

そろそろポスペの参加型のサイト運営についてコラムを書いてみようと思います。
今まで1年あまり、ポストペットのサークルサイトを運営してきました。
管理人が仲間を募集し、会員証などを発行し、メーリングリストや掲示板などで交流していくものですが、最初の頃は次々に集まってくる人達と交流していくのは楽しいものでした。
それも人数が少ないうちです。百人単位になってくると、当然個人では交流が不可能です。
申し込みが来る、受付けして会員証を発行する、この繰り返しです。
各サークルサイトには独自の活動があるわけですが、
活動ROMというメンバーは日増しに多くなります。メンバーが多くなるとこの辺の寂しさがつきまといます。
現実としてメンバーのプライベートサイトをご覧になればわかると思いますが、サークルサイトの会員証画像がずらり。中には20個以上も貼っている人もいます。これでおわかりになると思いますが、コレクション化しています。個人で20サイト以上の活動を平行してやっていけるでしょうか?できませんね、それは絶対無理です。特にこの現象はポストペットを扱ったサークルサイトに顕著に出ています。個人で参加できるのはせいぜい2〜3サイトぐらいだと私は思います。
いずれドンドン増えていくメンバーの管理が行き詰まり、行く末は閉鎖です。

これからサークルサイトを始める方はこの辺を覚悟しておいてください。
それでもいいと割りきるのもよし、そんな名前だけのメンバーばかりなのは嫌だという方はそれなりに工夫が必要です。入会制限を設けるのもよし、活動しなければ退会してもらうぐらい厳しいものでもかまわないと思います。

ポストペットは愛らしいキャラでこういったサークルも非常に作りやすいものです。
ただし、中身が無いといずれ行き詰まります。メンバーを集めることより、今一度自分のサークルの活動主旨というものを再確認し、自分がいったい何をしたかったのかを考えてみてください。
管理人が運営が苦しいと感じた時点で既にそのシステムは破綻しています。

こうやって書いているとネットに人情なんてないのか・・・とおもわれがちですが、そうでもありません。運営が苦しい時に見えてきたのが、本当に力になってくれる人達です。こうゆう時にわかりますね。だから私は今後もサークルサイトを続けていきます。一旦サークルを仕切り直し再出発をします。やりたかった活動が自分の中ではっきりと見え、メンバーの顔が見えるサークルを目指して頑張っていくつもりです。

WEB視察隊でもサークル管理者の運営相談を受付けています。
何か困ったことがありましたら気軽に相談してください。
一応経験者ですので。

コラムTOP BACK NEXT