カウンターは何のため?

カウンターがついていないページはもうほとんで見かけないですね、たまについていないページを見ると、おっイサギヨイな〜なんて思ってしまいますが、WEB管理人となるとどうしても見てくれたかどうかは気になるのは人情ですよね(^_^;
私はカウントゲットプレゼントっていうのは興味が無いのです。カウントシステム自体厳密な来訪者の数では無いからです。ページをリロードしてもカウントは増えますし、リンクの仕方によってはカウンターが回ってしまう作り方のところもあります。例えば内部ページをフルパスでリンクしたり(内部で複数のサーバー使ってる場合しょうがないのです)、同じカウンターをあちこちに貼ってあったり(^_^;
カウンターはページ繁盛のステータスに世間ではなっているようですが、ちょっと良い素材や、極端に言えばアダルト画像やMP3のデータを置くだけで簡単にカウンターは回るでしょ〜(笑)
それよりもカウンターの数の上がり下がりを見てください。
更新をさぼっていると1日のカウンターが減っていませんか?
ホームページはナマモノなので常に新鮮で生きて活動していなければいけないものなのです。
死んでしまってる仮死状態のホームページは賞味期限が切れた食品のようなもので、お客様はスーパーにくるお客さんだと思ってください、たくさん食品が揃っていても腐ってたりカビていたらもうお店に行く気持ちになれませんよね?一品でも常に新鮮で美味しいものだといつも行きたくなるものです。
カウンターを付けたなら、総数よりも1日のカウント数の上がり下がりを情報として受けとめてください。
1番簡単なアクセス解析・・・・・・・私はそう思っています。

<カウンターにまつわるエトセトラ>

20000+124目のお客様です。
これは止めましょう(^_^;見ててせこい印象を受けます。カウンターリセットしちゃったらなら
いさぎよく0から始めましょう。総数ではなく1日のカウントが大事よん(あすか)

重いサイズのカウンター画像
可愛いのはわかりますが、重い(^_^;画像はアクセントで必要なところで使いましょう。(あすか)

ページの下にひっそりさりげなくカウント
シャレてます、カッコいいです。でも私はついつい上に(笑)(あすか)

10000カウント達成!!これも皆様のお陰です、ありがとうございました

個人ページが巷であふれかえっている昨今、来訪者のほとんどがMYサイトを持っています。下手すると自慢?って思われるかもよ〜私は思いませんよ〜(笑)ただ興味が無いのでちゃっちゃとコンテンツ見に行きます。(あすか)

画像が破れている(表示エラー)のカウントって気になる(笑)
これ気になる、非常に気になる(笑)
思わずプロパティで開いて見ようとしてしまう私(^_^;
隠れて見えないものを見たくなる人間の習性なのでしょうか(笑)(あすか)

コラムTOP NEXT